忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
当サイト、移転に伴い更新は停止しております
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
風華チルヲ先生応援中
最新コメント
管理人が返信するとコメントタイトルの横にアイコンがつきます。
[11/13 NEX-5N]
[01/18 MichalVets]
[01/17 Viktorianqueest]
[10/13 同時登録ない出会い系サイト]
[09/21 処女]
amazon.co.jp
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はヤングマガジン系とチャンピオン系のコミックが発売しました。それから電撃文庫が早めの入荷となっていて、「灼眼のシャナ」「とある魔術の禁書目録」はじめとしたタイトルがズラズラと店頭に並んでます。

んで今日紹介するのは別冊ヤングマガジンで連載中の暴想処女(1)《AA》です。

暴想処女
PR
チャンピオンREDいちごvol.8

いろんな意味で突っ走ってる「チャンピオンREDいちご」の最新号vol.8が発売になりました。今回の付録には「スク水ホルダー」なるものが付録としてついてくるのですが、この紹介は後ほど。

本誌のほうですが、表紙開けるといきなり

綴じ込みポスター

肌色率の高さに思わず吹いてしまいましたが、巻頭の綴じ込みポスターは両面で「キミキス」と「魔界天使ジブリール」です。特に「キミキス」は温泉に入ってるヒロインたちといった具合で肌色率400%といっても過言じゃないくらいの裸はだかハダカ!という絵柄です。これを飾れるつわものはいるんじゃろうか?w

今回の掲載作品も毎度おなじみのやりたい放題な内容になってまして

どう見ても●液です

「くぱぁ」あり~の

全裸よりエロイのは言うに明らか

「絆創膏だけ」あり~の

ふたなりっこ

「ほーにょー」あり~の

つかまぁ乳首券乱発してますしねw

ただこういう路線のなかでも「猫神やおよろず」みたいな隠れた名作もあるんですが、ちょっと陰に隠れちゃってるのが残念だよなーと思ったりもします。


さてお待たせしました「スク水ホルダー」のご紹介です。
最近は「WEBコミックの単行本化」というのが増えつつある現状の中、さらに一歩先を行く「ケータイコミック」の単行本化という非常に新しい形式が生まれています。今日紹介するのはそんな「ケータイコミック」発の「ぶっ☆かけ 1巻(AA)」(松山せいじ)です。

ぶっ★かけ

物翔(ぶっかけ)商事の万年平社員な主人公・筑前勝太のまぁなんともうらやましいお話なんですが表紙の女性、宇美菜は実はヲタクな超巨乳未亡人女社長というものすごい肩書きのお方なんです。また、この女社長の娘が勝太の上司(課長)で、この3人がメインのお話です。
今日20日は富士見書房と小学館のラノベ(ファンタジア文庫、ガガガ文庫など)の発売日で、ファンタジア文庫では「スレイヤーズ」新装版1~3巻が入荷してます。7月からアニメ新シリーズが放映開始なのに伴ってのリリースだと思います。表紙は各巻で絵柄が繋がる仕様になっています。すぐに表紙を確認したい方はあきばらいふさまの19日更新分で掲載されていますのでご確認いただければと思います。

そして、この2社のほかに一迅社が新しく「一迅社文庫」を創刊して7タイトルの新刊が売場に並んでいます。

ANGEL+DIVE 1.STARFAKE
死神のキョウ
零と羊飼い
ある夏のお見合いと、あるいは空を泳ぐアネモイと。
死図眼のイタカ
ふたかた
黒水村

注目はCLANNADでシナリオを書いた魁が書く「死神のキョウ」じゃないかなと思います。

死神のキョウ

まだ序盤しか読めてないんですが、頭の中には「縞パン」以外のこっておりません(ぉぃ
ストーリーとしては災難続きだけれども運良く生き延び続けている主人公・恭也のもとにある日訪れたのは自分を死神だという少女・鏡(キョウ)。このふたりが繰り広げるドタバタな日常を描くストーリーなのですが、あることがきっかけで恭也がわすれていた暗い過去を思い出してしまい・・・といった具合。

ちなみにさりげなく編集協力に「おまもりひまり」の作者・的良みらんの名前もあったりします。


ほか、個人的にはわかつきひかるの「ふたかた」もオススメです。

ふたかた
今日20日はヤングチャンピオン系コミックおよびコミックリュウ系コミックの単行本新刊の発売日です。見たところヤングチャンピオン烈で連載の「僕と彼女のホント」の表紙がかなり刺激的でした・・・

で、今日おすすめのコミックは月刊コミックリュウで連載中の「ちょいあ!1巻」です。

ちょいあ!1巻
いつか、こいまち!

今月の電撃文庫の新刊は13タイトルが刊行されています。

・メグとセロン 2
・狼と香辛料 8
・ラッキーチャンス! 3
・嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 5
・DRAGONBUSTER 1
・ダブルブリッド 10
・タロットのご主人様。 4
・ウェスタディアの双星 2
・藤堂家はカミガカリ 2
・きみと歩くひだまりを 2
・烙印の紋章 たそがれの星に竜は吼える
・いつか、こいまち!
・ななついろ★ドロップスPure!! 2

今日紹介するのはこの中で、読みきりものになっている、長谷川昌史「いつか、こいまち!」です。


今年も相変わらず人気なドアラは中日ドラゴンズのマスコットなわけですが、その中日ドラゴンズに関する雑学本「中日ドラゴンズ伝説」がオークラ出版から4月末に発売してます。

過去の出来事の考察やインタビュー、その他雑学などイロイロと書いてあるわけなんですが、



巻末付録として「ドアラの絵描き歌」がついておりますw

また、うしろのほうに「選手雑学名鑑」なるものがついているのですが通常の選手名鑑とは違ってちょっとマニアックな情報なんかも乗っていたりします。で、その名鑑にはスペース的にあまりが出たりしてるのですが、その部分には



ドラゴンズや名古屋に微妙に関係してるような写真がいっしょに掲載されていたりします。上の写真はドアラの握手会ですね。

この名鑑で一番カオスだったのが、



なぜかカブス福留の偶然だぞの画像が掲載されていたりしますwもうやりたい放題です(^^;


そして皆さんお待ちかねの「ドアラ絵描き歌」ですが・・・そのまま載せるのも難ですので、私が書いた模様を歌を交えながらお届けしたいと思います(ぉぃ
今年の1月25日に発売したオーガストの大ヒットPCゲーム「FORTUNE ARTERIAL」の4コマアンソロジー本がエンターブレインから発売になりました。

本日4月25日はおそらく月間でもっとも忙しい日になるであろうことは間違いないと思いますが、その要因の多くはたくさん出る新刊コミックの類です。注目の商品は多数あると思いますが、とりあえずは先日連載が再開したローゼンメイデンの、集英社から発売された新装版1巻の装丁がどうなっているかというのが注目だったはずです。amazonで数日前に始まった予約はものの数時間で完売し現在は取り扱いができない状況になっています。

で、朝一番で開店と同時に自分の店に行き、コミック担当と「やっぱすごいわ集英社」と談笑・・・するほどの時間がないくらい忙しい状況でしたが、とりあえずはゲットして手元にその新装版があるわけです。

じゃーん!新装版です!
21日は雑誌で一番の話題だったのはやはり「TYPE-MOON エース[AA]」だったと思います。うちのお店でも入荷分は夕方に完売しましたよ(^^;
TYPE-MOONエースとTECH GIANをCSゲー雑誌とエロゲー雑誌の境界線でうまいこと並列で並べてやろうかなと思って準備してたんですが、コミック担当に「それちゃうで」と一蹴され(他にも理由はあるんですけども)、ギル涙目だったりするのですが、

TYPE-MOONエース 「ジョージ(中田譲治)に対する愛を見逃すな!」
「この雑誌は声優中田譲治氏のために作られた雑誌だ!(笑)」雑誌「TYPE-MOON(タイプムーン) エース」発売
TYPE-MOONの新作情報も掲載したTYPE-MOONエースが発売「TYPE-MOONの未来が見えるかも?」
TYPE-MOONエース発売「中田譲治氏の為に作られた雑誌だ!(笑)」

アニメショップによってはそんな感じで売ってるお店もあったようなので私の考えもあながち間違いでもなかったのかなとも思っているのですが、やはりこのあたりが一般書店とアニメショップとの間の考え方の違いのようなものなのかなと改めて考えさせられたとともに、就職活動もアニメショップ就職に向けて本腰上げてるところです(近況報告)


そんな昨日のもうひとつの注目雑誌が電撃大王6月号で、ひさしぶりに付録でフィギュアがついてきました。

 1  2  3  4  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]