忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
当サイト、移転に伴い更新は停止しております
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
風華チルヲ先生応援中
最新コメント
管理人が返信するとコメントタイトルの横にアイコンがつきます。
[11/13 NEX-5N]
[01/18 MichalVets]
[01/17 Viktorianqueest]
[10/13 同時登録ない出会い系サイト]
[09/21 処女]
amazon.co.jp
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結論から言おう、意外なところに在庫あった。

というわけで、雑記として書き込み。
東京・日本橋はすでに壊滅状態の「ネギま!?neo(3)」初回限定版。

今日は私、大学の講義のレポートの関係で各所まわる用事があったのでそのついでに大須・久屋・駅西と巡ってきました。時系列に並べて各店の状況をひとまず報告。


PR
今日16日は少年マガジンコミックと少年サンデーコミックの同時発売で売場がえいしゃおらーな状態になってるわけなんですが、とりわけ注目は現在アニメ放映中の「ハヤテのごとく」から公式ガイドブックと小物がせっとになった『ハヤテのごとく!公式BOX』と、「ネギま!?」の新しいほうのアニメをコミカライズした『ネギま!?neo(3)』の初回限定版です。


ハヤテとネギ

で、今回も品薄必死な『ネギま!?neo(3)』初回限定版なんですが・・・
今月末にまんだらけ名古屋店が場所を移して新装オープンをすることになったのですが、これによって多少名古屋にも変化が訪れるのではないのだろうかと思います。

これを語る上で説明しなければならないのは、東京大阪と大きく異なる名古屋における、いわゆる「オタク向けショップ」の分散傾向・点在性を挙げなければいけません。

東京は秋葉原に行けば大概のショップがあると思いますし、
大阪も日本橋に行けば大概のショップがあると思います。
もしこれが間違ってれば遠慮なくご指摘いただきたいですが、要するに他のエリアではひとつの圏域内で満足できるだけのショップ数があり店巡りを一括して行えるという意味合いで取っていただきたいと思います。

ところが、名古屋においてはそれが叶わないのです。現時点で我々がどう叫ぼうとも。



以前作った「名古屋のオタショップ分布図」です。
おおよそ分けると「大須地区」「名古屋駅西地区」「久屋地区」の3つに分けることができます。久屋地区のナディアパーク側は、距離的には大須から近いので大須に分類してもいいのですが、100m道路を挟んでいますので地理的に「久屋地区」としています。

このエリアに、それぞれ属しているショップを振り分けていくと以下のようになります。

発売日準拠で、昨日「とある魔術の禁書目録」シリーズの文庫・コミックが計3冊同時発売となりました。コミックは電撃文庫と同じ出版社であるメディアワークス(電撃大王)の連載だけではなく、出版社の垣根を越えてスクエアエニクスでも連載がなされています。(※注)

発売と同時に販促用として無料配布の小冊子が書店に送られているのですが、こちらもなんと出版社の垣根を越えてしまってます!正直ビックリでございます。



上の画像には同時に配布開始した「電撃文庫ぶっちぎり!2007フェア」のお試し小冊子も一緒に写っていますが、右側の「とある-」の小冊子の表紙を見ても分かるとおり、文庫(上)・ガンガン連載コミック(左)・電撃大王連載コミック(右)というわけでまさかの無料冊子での出版社の枠を超えたコラボレートとなっています。




目次、見にくいですがたしかに両コミックとも収録されていました。ガンガン版の最初のページの前には「少年ガンガン」本誌の広告まで収録されているというメディアワークスの奮発っぷりには腰抜け層になりましたよww


まだ配布が始まってそう経ってないので、探せばどっかの店で見つかるんじゃないかと思いますのでもし興味をもたれた方いらしたらお店まで小冊子を取りにお越しください。(・・・で、そのあと買ってね☆っていうのが書店員の当然ながらの本音ですが、面白いと思ったらぜひともよろしくお願いします!)
もやしもん6巻特装版のチラシ

今日お店に行ったら「もやしもん6巻特装版(A・オリゼーぬいぐるみつき)」の配布用のチラシとポスターが届いてました。すでに店頭で配布してますので私も1枚持ってきました。

チラシには、付属のぬいぐるみの写真も掲載されていて、恐らくこれと同じ仕様のものが我々の手元届くことになると思われます。
マンガ誌では異例の重版決定!「ジャンプSQ」約10万部増刷
(ForestField)

kom824さんも記事内で仰ってますが、たしかに雑誌の重版は異例中の異例です。最近だと既に廃刊になってますが「コミックヨシモト」なんかも入荷即完売でしたが、特に増刷はありませんでしたし、コミックとはかけ離れますが、「Anecan」なんかも入荷即完売だったけど重版はかかってなかったような気がするし・・・雑誌全体的に見て異例中の異例だということはこれから見てもよくわかるんじゃないかと思います。

(【追記】重版が16日というふうに聞いたのですが、16日店着か出荷かはわかりませんでした。早くても来週末あたりの再登場ということになりそうです。)

ウチのお店にはたぶん・・・5冊くらいかな?
日曜日の閉店間際にいらっしゃったお客さんが「あのぉ~ジャンプスクエアないですか?」と聞いてこられたときには涙を呑んで「申し訳ございません。勢いよく売り切れました。重版がかかりそう(このときはまだ噂段階でしたので)ですが入荷時期は未定です。」とお伝えするのが精一杯でしたので、今後は注文の案内ができるのには一安心。


ただ、来月号の入荷量を多めに申し入れるのには個人的には慎重派です。
最初に重版しなかった例で出した「コミックヨシモト」、翌号からまったく売れなくなりました。というか入荷分すべて売れず返品が翌号以降定例化してましたので・・・さすがにそこまではいかなくても、あまり期待しすぎるとこちらの在庫と平積台が悲鳴を上げることになりそうですので、創刊号並程度の入荷でちょうどいいんじゃないかなぁと思っております。

少年ガンガン7月号 「人が殺せるほど、ぶ厚い」
(アキバblog)

兼ねてから「人が殺せるほど分厚い」と話題なることのあるガンガンの分厚さは、売場の人間としては一度に積める冊数が少なくなって裏に在庫が溜まるのであまり喜ばしくなかったりするんですが、実はいうと場合によってはガンガンより分厚くなるやっかいな雑誌があります。


・・・気づいたあなたは腐ry?


キーワードは「りなちゃ」

11月は約450タイトルの新刊が出ます。
というか毎月大体そんなもんなんですけどね(汗

そのなかからある程度ピックアップして掲載します。

■2日:ジャンプコミック
・ナルト(40)
・アイシールド21(27)
・リボーン(17)
■8日:チャンピオンコミック
・あゆまゆ(2)
⇒個人的に好きな作品ですのでオススメ
■9日:ドラゴンコミック
・おたくの娘さん(3)
■10日
・とある魔術の禁書目(1)【スクエニ】
・とある科学の超電磁(1)【メディアワークス】
⇒同じシリーズが別レーベルで同時発売って珍しいですね。
■13日
・のだめカンタービレ(19)
⇒安定した人気です。
■16日
・BECK(31)
⇒相変わらず幅広く人気なんですよねぇこのタイトル
・ツバサ(21)
⇒男女問わず買っていかれます。限定版あり。
・ネギま!?neo(3)
⇒ネギま買ってるならneoも買うべきよ。限定版あり。
■19日
・たいようのマキバオー(2)
・GANTZ(22)
・皇国の守護者(5)
■20日
・しゅごキャラ!(5)
⇒アニメ絶賛放映中。限定版あり。
・ちぇんじ123
⇒19日発売のチャンピオンRED本誌には透けるフィギュア第2弾としてひびきが付属。(第1弾:クエイサーまふゆの写真
■22日
・ひぐらしのく頃に 語咄し編(1)(2)
・かのこん(3)
・神様家族(4)
■24日(前日勤労感謝の日で祝日)
・Fate/Zeroコミックアンソロジー
・リトルバスターズコミックアンソロジー
・ひぐらしのく頃にコミックアンソロジー
・恋する乙女と守護の楯コミックアンソロジー
⇒アンソロジーが2社から大量に出ます(両者から出るタイトルも)
・咲-saki-(3)
⇒大人気萌え雀コミ
・クイーンズブレイドコミックアンソロジー(3)
■26日
・ひぐらしのく頃に4コマコミックアンソロジー
・リトルバスターズ4コマコミックアンソロジー
・どきどき魔女神判4コマコミックアンソロジー
・Fate/ZERO4コマコミックアンソロジー
・吉田戦車 作品集
・ガンダムエース掲載コミックいろいろ
■27日
・VenusVersusVirus(6)
・イチロー!(2)
■29日
・バガボンド(27)
・ベルセルク(32)
・ふたりエッチ(36)
⇒もうとっとと優良さん妊娠エンドでいいじゃんか。
・デトロイト・メタル・シティ(4)
⇒新刊でますよ!
・二代目はコスプレイヤー(3)
■30日
・PLUTE(5)

とまぁ独断と偏見で選んだところもありますが、ざっとこんなもんです。
全部で450タイトルの新刊が出ますんで全部は書いてられませんw
どうも、ギル・エールです。
このブログを立ち上げて数日しか経っていませんが、大手のニュースサイトさまで「2007秋アニメの人気を書店の売場的に考察」の記事をご紹介いただきまして、カウンタが回りまくっている状況に驚いています。ご紹介いただいたサイトさまに御礼申し上げます。

そのなかでカトゆー家断絶さま、ゴルゴ31さまの紹介コメントの中に「もやしもんは?」といったものがございました。数日中にもやしもんの記事を書く際にまとめて書こうと思っていたためにあえて書かなかったのですがもやしもんの売れ行きも絶好調でございます。また、書店販促用のぬいぐるみに関するお問い合わせ、6巻初回限定版に関するお問い合わせも多数いただいていて、この作品の潜在的な人気の高さをまざまざと見せ付けられおります。また後日もやしもんについて書きたいと思ってますので今しばらくお待ちください。

【関連】
もやしもん6巻特装版のぬいぐるみ画像(チラシ)きました
アニメ化コミック、売れる売れないの分岐点



さて、立ち上げの挨拶にて「不定期で更新」という風にお伝えしましたが、もう少しリアルタイムな更新をしてみたいという風に思いまして更新日の基準として、

1.出勤日の翌日
2.書きたい日

2つのいずれかの条件を満たした日には些細なことでも更新していきたいと思います。お付き合いくださる皆さん、よろしくお願いいたします。
どうも、「らじかるあにこみ」管理人のギル・エールです。

今回、このブログを始めることにしたのは、「らじかるあにこみ」がごく私的なものであるのでなかなか仕事の詳しいことまで書けない(ページの情報量的に)ことを考慮したうえで、ここでもう少し書店員らしいことを書いていきたいなと思って開きました。

なのでここではあくまでも書店員の目線での記事の作成を心がけたいと思っています。

<カテゴリ説明>
■本屋の売場から
ヲタクな話題を本屋の売場を通して考えてみるカテゴリ
■おすすめの1冊
コミック・ラノベ・雑誌etcでおすすめなものを紹介するカテゴリ
■雑記
その他書きたいことを書くカテゴリ

不定期更新でホソボソとやっていきますのでよろしくお願いします。
≪  1  2  3  4
HOME
忍者ブログ [PR]