忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
当サイト、移転に伴い更新は停止しております
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
風華チルヲ先生応援中
最新コメント
管理人が返信するとコメントタイトルの横にアイコンがつきます。
[11/13 NEX-5N]
[01/18 MichalVets]
[01/17 Viktorianqueest]
[10/13 同時登録ない出会い系サイト]
[09/21 処女]
amazon.co.jp
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新年度・新学期が始まり、それと同時に春アニメもたくさん始まりました。今回はノベル勢の勢いがあるのかなとか思ったりもするのですが、ひと月が経過した現時点での初動をお伝えします。

調査方法は毎度のとおりですが、「アニメを見て原作を買っていただいた」という点をこのランキングでは非常に重視しておりますので、各タイトルの1巻のデータを引っ張り出してきています。書店で取り扱っているものに「原作」が無ければ対象外です。(マクロス、ギアスなどについてのデータは参考値とさせていただきます。)

なお、今回からさらに改良を加えて、売上冊数のポイント制に加えて、放送開始前1ヶ月の売上からの上昇率も調べてみましたのであわせてご参考にしていただければと思います。
PR
ライトノベルで100選を!というわけで、角川グループホールディングス傘下の「角川書店」「富士見書房」「エンターブレイン」「メディアワークス」からそれぞれ発行されている「角川スニーカー文庫」「富士見ファンタジア文庫」「ファミ通文庫」「電撃文庫」合同で、「ライトノベル春の100冊」を開催しています。

対象商品やキャンペーン内容については角川書店の特設ホームページをご覧ください。

春の100冊と書いてある帯(桃色)にキャンペーンへの応募券がありますので、帯の巻かれていないものを間違えて買わないようにご注意いただきたいと思います。
さて、月が変わりまして5月です。
今回も新刊コミックの注目商品を独断と偏見でピックアップしてお伝えしてまいりたいと思います。

2日にジャンプコミック発売、16日はマガジン・サンデー両コミックが同時発売、先月から刊行の始まったローゼンメイデンの新装版の2巻は19日の発売、また角川コミックスのハルヒもの2点でキャンペーンがある模様です。

【訂正】ローゼンメイデン新装版2巻
5/19 ⇒ 5/26 延期しました
明日からの1週間は29日が昭和の日、5月3日が憲法記念日でそれぞれお休みです。ですので新刊が出るのは実質4日といった具合です。中でも連休前の2日にジャンプコミックスが一斉に発売します。「ToLOVEる」「初恋限定。」など注目作をピックアップでどうぞ。(ついでに雑誌情報も一緒に)
今年の1月25日に発売したオーガストの大ヒットPCゲーム「FORTUNE ARTERIAL」の4コマアンソロジー本がエンターブレインから発売になりました。

本日4月25日はおそらく月間でもっとも忙しい日になるであろうことは間違いないと思いますが、その要因の多くはたくさん出る新刊コミックの類です。注目の商品は多数あると思いますが、とりあえずは先日連載が再開したローゼンメイデンの、集英社から発売された新装版1巻の装丁がどうなっているかというのが注目だったはずです。amazonで数日前に始まった予約はものの数時間で完売し現在は取り扱いができない状況になっています。

で、朝一番で開店と同時に自分の店に行き、コミック担当と「やっぱすごいわ集英社」と談笑・・・するほどの時間がないくらい忙しい状況でしたが、とりあえずはゲットして手元にその新装版があるわけです。

じゃーん!新装版です!
3月で4クールという長丁場を経て好評のうちに終了したテレビアニメ「ハヤテのごとく!」。この 土曜深夜34時 日曜朝10時枠で4月から放送が開始した「絶対可憐チルドレン」ですが、放送開始から3週間ほど経過した現在の原作コミックの売れ行きが、ハヤテと比べるとちょっと芳しくないです。
<4/23雑感>
週刊少年マガジン売れすぎwww
夕方には完売しましたが、理由は間違いなく「MMR」でしょう。出勤してすぐに売り切れたので、正直こんな感じでPOPを書きたくてしょうがなかった。




少年マガジン売り切れました

Ω ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!!


MMR恐るべし・・・


でも、時間無くて書けませんでしたがorz

さて、そんなわけでお待たせしました恒例の「アニメの人気を書店の売場的に考察」2008冬季まとめです。1月にアニメが始まって、ひと月ほどして売れ行きの出だしについてお知らせしていますが、その際の結果

1位:みなみけ(みなみけ~おかわり~)
2位:狼と香辛料(狼と香辛料)
3位:さよなら絶望先生(俗・さよなら絶望先生)

が上位にランクインしていました。

今回の集計は1/1~3/31までの売り上げ冊数でアニメを見て購入した、アニメ化を知って購入したということをベースにしたいので1巻のデータで参照し順位付けしています。また、今回から順位付けだけでなく1位を1000ptと置いた際の各タイトルのptも表示して透明性を高めたいと思います。

今回はベスト5+αということでひとつよろしくお願いします。
そして、これはあくまでも私の働いているお店での売れ行きですので、他のお店と結果が違ってもノークレームでお願いします。
JINKI・青葉のフィギュアが付いてくる電撃大王6月号の誌面よりちょっと面白いものがあったのでご紹介。

電撃大王をこれまで発行してきた旧メディアワークスは、この4月から旧アスキーと合併してアスキー・メディアワークスになりました。
それに伴ってか、電撃大王もリニューアルを行うらしく今回ご紹介するのはその告知の広告です。


広告には「新生」の文字とともに、以下のような謳い文句を掲載。

電撃大王が、生まれ変わります。

2008年6月、電撃大王が生まれ変わります。
これまでに培ってきたコンテンツの力を礎にして、
より意欲的に、より先鋭的に。
もし失敗したら出版不況とか合併のせいに。
キャラクターの外見が子供に見えても、
これは大人です、と強く言い張り続けます。
新しく生まれた赤ん坊のような無邪気さと、
未知のエネルギーにご期待ください。

http://daioh.dengeki.com/

部分部分でおもしろいんですが、

>>キャラクターの外見が子供に見えても、
>>これは大人です、と強く言い張り続けます。


これどう見てもエロゲ製作会社の言い分に見えてしょうがないw

この広告でさらに目を引くのが一緒に掲載されている写真なのですが、赤ん坊が寝転んでいるのです。ただ・・・
21日は雑誌で一番の話題だったのはやはり「TYPE-MOON エース[AA]」だったと思います。うちのお店でも入荷分は夕方に完売しましたよ(^^;
TYPE-MOONエースとTECH GIANをCSゲー雑誌とエロゲー雑誌の境界線でうまいこと並列で並べてやろうかなと思って準備してたんですが、コミック担当に「それちゃうで」と一蹴され(他にも理由はあるんですけども)、ギル涙目だったりするのですが、

TYPE-MOONエース 「ジョージ(中田譲治)に対する愛を見逃すな!」
「この雑誌は声優中田譲治氏のために作られた雑誌だ!(笑)」雑誌「TYPE-MOON(タイプムーン) エース」発売
TYPE-MOONの新作情報も掲載したTYPE-MOONエースが発売「TYPE-MOONの未来が見えるかも?」
TYPE-MOONエース発売「中田譲治氏の為に作られた雑誌だ!(笑)」

アニメショップによってはそんな感じで売ってるお店もあったようなので私の考えもあながち間違いでもなかったのかなとも思っているのですが、やはりこのあたりが一般書店とアニメショップとの間の考え方の違いのようなものなのかなと改めて考えさせられたとともに、就職活動もアニメショップ就職に向けて本腰上げてるところです(近況報告)


そんな昨日のもうひとつの注目雑誌が電撃大王6月号で、ひさしぶりに付録でフィギュアがついてきました。

≪  1  2  3  4  5  6  7  8  ≫
忍者ブログ [PR]